新橋駅前にあるSL客間はとことんテレビの直撃に出てきます。そのSL客間にある蒸気役所マイカーC11はずっと姫路役所区に参加し、休養まで中国地元のローカル進路で走っていました。よって、あるSLにとっては新橋と何ら関係のないのです。そんな先端も関係もないC11ですが、今では新橋といったらSL客間と言われ、そのある蒸気役所マイカーとして有名になりましたし、ターミナルの最前から言えるほどターミナルからほど近いので、控え室としても十分利用できます。
ちなみに、そのC11は一年中3回ほど汽笛が鳴り渡るそうです。自身が新橋に行ったときに急に大きな響きがして何だと思ったのですが、汽笛だったと知って、列車接近を報ずるための汽笛から日にちを伝えるための汽笛として今は活躍していると思うと、まさにあたたかい気持ちになります。
そして、SLを見る限り古さをもらいさせないほどシーンが良さそうなので、当事者が本当に補修をなされているのでしょう。絶えずSL客間の団員として新橋にいてほしいだ。背中脱毛